高校中退者の資格取得方法

世の中には、数多くの資格があります。
国家資格、民間の団体が実施している資格、そして各種の検定など。

それらの資格の中には、取得すればすぐに独立開業に活かせるものもあれば、趣味を極める程度び内容故に直接仕事には活かせないようなものもあります。

そんな資格の中でも、すぐに仕事に活かせるようなものは、高校かそれ以上の学校を卒業をした人が対象となっていることが多いです。
つまり、人気があり、かつ実用的な資格を取るには、高卒という立場はとても重要だと言えるでしょう。中卒のままで資格を取る事は可能性が狭くなってしまいます。

では、高校中退者、つまり中卒のままでは全く資格が取れないかと言われると、決してそうではありません。
国が実施している国家試験であっても、受験資格が「不問」となっている試験が多くあります。
これらは、合格できる実力があるかどうかは別問題として、試験を受けるのは誰でもできるという資格です。
例えば気象予報士試験には受験資格は無く、年齢や学歴など全く問われずに受験することが可能です。
高校中退者でも、気象予報士試験に合格すれば、「天気予報のお兄さん・お姉さん」としてデビューし活躍できるかも知れませんね。

また、そのような、受験の資格を問わない資格試験を目指すための予備校や専門学校なら、所定の条件を満たせば、中卒者であっても入学することができます。
専門学校は原則として高卒か、高卒認定試験で合格をしなければ入学できないのですが、そもそも扱っている試験の内容次第では、中卒が最終学歴でも通うことができる学校・学科もあるのです。

一方で、国家試験であっても、高校卒業者が受験資格の要件ではなく、高校を卒業した者と同等の学力を有することが要件である資格も多くあります。
それらは、高卒認定試験で合格すれば、高校を卒業していなくても受けられるということになります。
もちろん、本当に高校を卒業するために、定時制や通信制の高校に再入学・編入するという方法もあります。
しかし、高校卒業というステータスを得るためだけに、時間と費用をかけて高校に通い直すという必要性が無い場合もあるでしょう。

また、自分の目標と一致する必要がありますが、職業訓練校を利用して資格を取得する方法もあります。
公立の訓練校なら、授業料もかなり安くなります。
専門学校ほどではありませんが、高校中退者には人気の進路となっているようです。

高校中退から人気資格を目指したい人は
↓↓↓
ココから